蜑阪∈
谺。縺ク

海外で通話するならレンタル携帯が向いています

海外への旅行や出張を控えている人は連絡手段として自分の携帯を使うかもしれません。
しかし場合によってはレンタル携帯を使ったほうがいい時があります。
まず最初のメリットとして通話料金が安く済むことです。
自分の形態を海外に持っていくと国際ローミングで通話することになります。
現地同士で通話しても日本を経由して通信するので通信料が割高になってしまいます。
発信だけでなく着信時にも料金が発生する国が多いです。
電話に出なくても着信があるだけでお金がかかってしまう場合があるのです。
料金体系は30秒単位がほとんどとなります。
海外用のレンタル携帯では1秒単位が多いので、同じ時間だけ通話しても安く済みます。
回線は現地のものを使用するので安定性が高いのも特徴です。
通信状況にもよりますが、レンタル携帯は日本を通さず現地同士で通信するので通信回線が安定しているといえます。
海外用のレンタル携帯ではトラブル時の補償制度が設けられています。
海外では置き引きやすりなどで紛失する可能性が高いです。
自分の形態だと個人情報が漏えいするリスクがあるので、安全のためにもおすすめです。
出張をする場合携帯電話の明細を提出する必要がありません。
個人の携帯電話では出張時に明細を提出することもあるでしょう。
面倒でもありますしプライバシーを露出したくない人もいます。
海外用レンタル携帯なら明細の出ないタイムカウント清算型の機種があります。
空港での返却時に精算できるので出張には持ってこいです。
反対に海外のレンタル携帯のデメリットとして日本での通話料が高い点があげられます。
海外用なので日本との通話が多いと国際ローミングになり、通話料が上がってしまう場合もあります。
また、データ通信には対応していない機種が多いです。
海外のレンタル携帯は長期・短期の旅行や出張に向いています。
データ通信をせずに通話がメインの人にもおすすめです。
渡航先の国や滞在日数、お使いの機種などを考慮してメリットがあればレンタルしましょう。
海外用レンタル携帯はレンタル契約するたびに電話番号が変わります。
勤務先や家族などに海外出張のたびに番号を伝えるのは面倒になります。
頻繁に同じエリアに行く人は現地の携帯電話を購入した方が良いでしょう。

Page Top